PROFILE
CATEGORY
ENTRY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
LINK
OTHERS
ブログパーツUL5
旧ブログ
工房設立から
2010年までのブログはこちら
MOBILE
qrcode
ZIG木工所の気になる日々
髪を短く!
髪を!切りたい!今日切りたい!
という時ありますよね。ありました。

美容院に電話するも・・・
「今日は予約で一杯で、ネットで空いてる日が確認できますんで見て下さい」って・・・
電話の前にに確認済み。半月くらい行ける日ないからダメ元で電話したのさ。
ダメか。うう〜〜ん。今日切りたい。

昔行ってた、若い子がいっぱいいた美容院に電話してみる。
おばちゃんの声で「3時頃ならいいですけど」とぶっきらぼうに言われる。違和感。若い娘さんが「すいませぇ〜ん 3時頃なら出来るんですけど いいですかぁ〜?」って感じだと思ってたんだけど・・・

そして3時に行ってみた。
電話対応してくれたっぽいおばちゃんが、ああいらっしゃいませと出迎えてくれ、奥から黒いベストをきたおばあちゃんが「いらっしゃいませー」と出てきた。
広い店内はその2人だけ!
他に客もなく ガラーンとして静まり返っていた!

ええっ!何が起こったの?あの若い子たちは!?もしかしてこの2人が追い出して この有様なの!?
「どうなさいます?」

これは・・・短くしたら和田アキコになるんじゃあ・・・
でも、でも、今日切りたい!!

理想の髪型の写真を持ってきてたので
「これで!」

・・・前は若い子いっぱいいましたけど・・・と聞いてみた。
数日後に閉店するんだという。
若い子たちは他店舗に振り分けられ、その日は本店から2人が出向しているのだという。
何その謎仕様。もう閉店したらええやん!私みたいな迷い人が来るのを待っているのか・・・?

幸い和田アキコになることなく 上手く仕上げていただいた。(途中いっぱい注文しましたけど)

ショートヘアにしたので またしばらくしたら どこか探して行かねばならぬ。
今度はちゃんと予約しよう。
2018.11.07 Wednesday * 20:10 * 日常 * comments(0)
大特(農耕用)免許取得への道
大特(農耕用)免許試験に無事合格しました!!
これまでの道を振り返ってみます。

規模の大きな田んぼでアルバイトをしてみようと思いました。話を伺うと「トラクターの大特免許がいるよ」
免許が無かったので、春には苗を積み込んだり箱をあらったりはしましたが、秋はできる事がないので働けませんでした。
自己負担で教習所に行こうと思うと結構高かった感じで迷っていた所
近所の方が「大特(農耕)免許取得講習」のプリントを持ってきて下さり、即応募したのでした。

しかし待てど暮らせど返答なし。
噂で「申込者が殺到してるらしい。夏頃に順番が来るんじゃないか」という事を聞き、ノンビリと待っていたのでした。そして夏が終わり、少し涼しくなった頃にやっと日程が配られました。

そして講習。
30分程スライドを見て 練習コースへ移動。参加者は殆んど経験者で、私ともう1人が「乗ったことない」メンバーでした。
乗ってみると 結構速い!!
普段 車はMTなのでクラッチ操作が分かってたのはありがたかった!!もう1人の未経験者は20代くらいの女の子で、車はAT限定だと言っていたので大変そうだ・・・と思っていたが、
彼女はスイスイ乗りこなし、結果を言うと彼女も試験に受かり合格したので 多分天才なんだと思う。
で、実技練習。練習はもうこの日しか出来ないのでバンバン手を挙げて乗り込み、道路での乗り方はマスターできたのでした。
他の参加者さんと(8人)それなりに世間話等したのですが、
お昼時間 学校の教室みたいな所で弁当を各々食べましたが、誰1人喋らない。
楽だ。目標ある大人は何て楽なんだろう。学生時代は楽しくもあるが色々気を使ったよねぇ。
午後はまた実技練習、その後教室に戻り本番試験コースの解説とスライド。これがもう眠い眠い。聞かなくては!絶対に聞かなくては!睡魔と本気で戦いました。
睡魔め、ゲーム後の深夜は来ないくせに!!

さてさて。そして翌々日の 運転免許センターでの試験編に続きます。
2018.10.04 Thursday * 16:59 * 日常 * comments(0)
2020年の盆踊り
地域の盆踊りに参加している。
我らが地区は「踊る!」がテーマなので
タイムスケジュールは
「前半踊る」→「休憩と娯楽」→「後半踊る」
である。だらだらとダベることはなるべくできないのです。

私は盆踊り好きです。ダンスはリズム取れない&覚えられないので踊れませんが
盆踊りはカンタン!それに出来ようが出来まいが誰にも管理されない!それでも得られる一体感。
もちろん極めようと思えばグループに入りお揃い浴衣でバッチリ決めてもヨシ!
何とも奥深い やり込み要素満載で、まるでゲームのようなのです。

さて盆踊りの前に 「練習の日」が2回ほどありました。
主に、今年から組み込んだ「東京オリンピック音頭 2020」の練習です。
実行委員のメカ担当さんが スクリーンとプロジェクターで、映像を流し (本番も)見ながら踊れるというハイテクさ!
「まず見ながらやってみましょう」と
視聴&踊る。1回目終了後 一同ザワつく。
これ・・・誰需要?速すぎ!複雑すぎ!難易度高すぎる!
ダンスに馴染んだ中高生向きなんだろうか。
盆踊りって言ったら
掘って掘ってまた掘って 担いで担いで後戻り くらいのパターンでいいでしょ!? 何度か練習して 結局「これは厳しい」といいながら終わりました。
本番でも「輪にならず 皆さんスクリーン見ながらやりましょう」ということになったのでした。

それではご覧下さい。「東京オリンピック音頭2020」
こちら
「ヨイショ」のとこは好きなんですが それがどこなのか覚えられない・・・
2018.09.01 Saturday * 08:33 * 日常 * comments(0)
テンテンの脳内恋人
はじまりは 任天堂スイッチのアカウントでした。
余ってる枠に、テンテンが次々とアカウントを作っていました。その中で
「テンテンとゆづ」というのがあり
「ゆづって何?誰?保育園の子?」
と聞いたら
「ゆづちゃんは17歳」と言うではありませんか。
何?何?どこで会った?
「ゆづちゃんは交通事故で死んだ」
何ーー!?霊的な!?前世の記憶とか!?
「ゆづちゃんのお母さんは75歳。まだ生きてる」
えっ結構歳いってんな。てことは ゆづちゃんが死んだのは だいぶ前なのか?
色々聞いてもスラスラ答えるし 謎だなぁと思っていたのですが。

ある時 「ゆづちゃんはスプラトゥーン2のランク50いってる」という。

いや発売されたの2017年ですけど!?生きてんのかいゆづちゃん。
他にも 自分の知らないことを
「知ってるよ・・・ゆづちゃんちでチャーミーと見たもん」(チャーミーも家行ってんのかい!)とか
こないだ「レゴランドにゆづちゃんと ゆづちゃんのお母さんとチャーミーと行った」(いつだよ!?)などと言い
挙句、しりとりしてて、
「◯??△々》※!」と言ったので 何それ?と聞くと
「ゆづちゃんに教えてもらった」と ついには方便としてゆづちゃんを使うようになったのでした。

「ウソはあかんよ」と言い聞かせても
「ウソじゃない!!」と力入るんですよね。何なんでしょう ゆづちゃん・・・
2018.07.01 Sunday * 08:40 * 日常 * comments(0)
普段の靴下
普段とか、作業用にと 靴下を買いに行ったのです。
量販店で探して
あ、これ丈夫そうやし 色も黒っぽいし
ええやんと思って3足セットみたいなのを買ったのです。
次の日 早速履きました。

あっ!!これ黒じゃないやん!!
濃紺!!

・・・そうか・・・そういう物だったのか。
スクールソックスって・・・

という訳で、スクールソックスを履く作業のオバハンが誕生したのでした。

チャーミーが描いた「お父さん」
目が!!どうしたんだ!!
2018.06.16 Saturday * 11:11 * 日常 * comments(0)
焼き肉を食べに行く
夫に 焼肉を食べに連れて行ってもらいました。
その店は 県境の峠の手前にあり、
「やってないよねぇ・・?」
と長年思っていた店で
夫は子供のころに来たという。

扉を開けると 煙が充満しており店内は霞んでいる。
いつ飾ったの!?と思う ひと昔前っぽい置物が 見るからに油まみれでネチョネチョしてそう。
そして・・・満席なのである!!
しかも何組も待っており、
待合や呼び出しシステム等もないので店内で順番を立って待つしかないのです。
その間に店内をくまなく観察。
実は入った瞬間に、店内の客に
ジロリと見られた気がし、
転生してファンタジーに入り込んで
酒場に入り ガラの悪い客たちにギロリと見られる ような感覚を覚えたのでした。
客層は・・・トラックの運転手さんたちとか 昼間から飲んでるおじさんたちとか プリンヘアーと和柄の中年カップルとか みんな太ってるグループとか。迫力ある感じです。
従業員は みんなおじさん。
ぬぼ〜としてる方や 必要以上にちょこまか動くおじさんなど。テーブル拭きはウエットティッシュで スピード重視。
席は 鉄板席か焼き網席かを聞かれ、
どちらでも良いと答えると すぐ焼き網席に案内してもらえました。
よく周りを見ると 多くが鉄板席で大盛野菜を炒めて召し上がっているようでした。それが人気なのか。

焼肉は ご飯がススムおいしさ!
焼キャベツがおいしい!
次々と新しい客がきて、意外にも
今時の若い女子二人組(化繊の白いブラウスを着て!)なんかも来て
自分の了見の狭さを恥じたのでした。

お会計でビックリ!
え!そんな値段!!
びびって豚と鳥を多めに注文したとはいえ、カルビもいっぱい食べたのに!?
回転寿司と同じくらいでしたよ!
そうか これが店名の由来・・・
2018.06.09 Saturday * 09:40 * 日常 * comments(0)
よくわからなくなってきた
コンビニのイートインコーナーで
子供らと飲食していました。
自動ドアをじーっと見ていたテンテン、
「自動ドアってどうやって動くか知っとる?」と聞いてきた
えっと、電気で、と言いかけたら
「レッドストーン回路やで」
それマイクラやないかーい!

早々にゼルダをクリアし
再びマイクラに戻ったテンテン。
建物の屋上に柵をつけ
羊と豚をギュウギュウに飼っていた。
「そんなに動物をギュウギュウに飼っとると
ストレスでケンカしたり病気になったりするんだよ!」と教えると
「え?そう?」と言い
バババっと半分くらい殺して
「肉とれた」という流れになった。

かわいそうやん!と私は言いかけたが
いや かわいそうなのか・・・?
電子の世界で 0が1になりまた0になったんだよなぁ・・・
そこに命を見いだすのは想像力とサピエンスの脳の特徴?
現実だって家畜を人間に都合よく扱っているではないか。
え?えーと何だっけ?
とにかく 子猫やハトを殺して動画を撮るような人間にならないで!!
と思って収めました。
2018.05.26 Saturday * 13:26 * 日常 * comments(0)
ゼルダの伝説始まる
ついに私も ゼルダの伝説を始めてしまいました。
面白くて美しい!んだけど
ボタンが難しい。覚えられない。
何かアクションしようとするたび
「これ違う、違う、違う」
と なかなか思うように動けないのでした。

テンテンに、「母ちゃんもゼルダ始めたよ」と報告すると
いそいそとスイッチの電源を入れ
私のアカウントでゼル伝を始め
「まだ弓は少ないな」とか「コログは一個取ったな」とか言いながらチェックするのでした。
「次の祠行ける?行ったろか?」などと
いらぬ親切をしようとしてくるのでした。

任天堂さんありがとう!
素晴らしいゲームをありがとう!
2018.03.31 Saturday * 07:36 * 日常 * comments(0)
わたしのヒュッゲ
テレビでヒュッゲという言葉を知る。
デンマークの言葉で、「居心地のいい時間や空間」ということらしい。
デンマークでは、ストレスフルに働くことなく、家族や友人と楽しく過ごしているらしい。
そして番組の続きで「日本でもブームのヒュッゲ」を紹介していた。
部屋をお洒落で可愛く飾り付け、
(飾りはフライングタイガーで買うらしい)
彩りの美しい料理をテーブルいっぱい並べ
仲良しのキレイなママ友ファミリー集合で
写真を撮ってインスタにアップ。
2カ月に1度、こんなパーティを開くことにしているという。
「これで1人600円くらいでできるんですよぉ」

・・・・・・・・・

いゃあぁぁーー!!
私コレ全然ヒュッゲしゃない!!
見てるだけで苦しいんだけど!!

根っからオシャレな人は楽しいんだろうか・・・
雑に生きてる私には無理だ・・・というか入れてももらえない世界。

テレビで見たコペンハーゲンの人々は あくせくせず幸せそうだった。
大都市だから?大企業だから?エリートなんだろうか。
地方都市や田舎の人、中流以下の人はどうなんだろうか。
私はあんまり働いてないのでとりあえずヒュッゲです。
2018.02.26 Monday * 19:18 * 日常 * comments(0)
カタカナ
ゲームのやりすぎで
瞼が痙攣するようになってしまい
気持ち 控えています。気持ち。

愛用の圧力鍋のパッキンが壊れてしまい
取説の「部品の注文について」を見て
郵便でできるようだったので
送り状みたいなものを 一筆書いた。
一応 送りますので、と連絡しとくかと
カスタマーセンターに電話してみる。

「お電話ありがとうございます
ドウシシャ カスタマーセンターです」

私は「エッ!?」となりました。
ドウシシャ?同志社大学の?
私はこの瞬間まで
ドウシシャ
だと思っていたのです。
童心社の絵本は色々読んでるので
この会社は 幅広いものを作っているなあ
カタカナなのは 絵本部門とグループが違うのだろうか。
などと1人考えておったのです。

電話する前に書いた一筆、
もちろん ドウシシャ御中ですよ。封筒はまだ書いてなくてセーフ。
しかし オンラインで注文できるとのこと。

ひとつ学んだ40歳の冬。
2018.02.05 Monday * 14:16 * 日常 * comments(0)
1/11PAGES >>