PROFILE
CATEGORY
ENTRY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
LINK
OTHERS
ブログパーツUL5
旧ブログ
工房設立から
2010年までのブログはこちら
MOBILE
qrcode
ZIG木工所の気になる日々
小麦の実験 その2
小麦をわけてくれた人は じねんじょもつくっていて
「これも使って実験をしてみてくれ」といって
じねんじょをくれた。

荒い粉はとりあえずおいといて
細かい粉で 丸パンをつくることにした。
じねんじょ入りと 入れないのんと

どちらも 素朴な味がした。黒いパン。
健康志向な感じの、
「噛んでると甘みが出てくるのよ」みたいなパン。
じねんじょ入りのが ふくらみがよく
やわらかい。

ただ 季節はずれのじねんじょ
アクが半端ない!!
すりおろしたら ゴムが焼けるようなにおいがし
手がカユカユでブツブツ出てくるし
フードプロセッサーでこねたのですが
おろしたイモが 機械の芯の中へ
にょにょーと入り込み掃除が大変であった。

あとピザも作ってみた。
これはうまかったです!!

 
2013.07.26 Friday * 22:02 * 小麦の実験 * comments(4)
小麦の実験をしています その1
近所で小麦を作っていて
これで おいしいパン等ができれば
名物になるんではないか?と考えました。

調べたら パンや餃子に向く品種のよう。
収穫時に数キロ分けてもらいました。

3日ほど天日に干して
さて・・・どうやって粉にしたものか。
製粉業者はダメ
JAに相談すると 粉ひき機4万円をすすめられる。
高いよ・・・実験にそんなに出せないよ

近所で蕎麦を打ってるTさんが
粉ひき機をもってるとの情報が!
さっそくTさんの作業小屋へ!

Tさんは趣味人なのか
小屋にはいろんな機械がならぶ。
乗るタイプの草刈り機やら ポン菓子製造機やら 
米の乾燥器も いろんなタイプが並んでいる。

マイペースなTさん
「小麦はやったことがない」と言いながら
迷いもなく小麦を精米機にザァーといれ
出たものを 粉ひき機に入れ
ふるい機に入れ
またそれを粉ひき機に入れ ふるい機に入れ
それをまた繰り返し
もう一度しようとしたところで 同行の父が止める。
「もう充分です Tっつあん!あとは家でなんとか」

実際使えそうな細かい粉は2キロ弱
あとは大量のふすまと荒い粉
麦の乾燥が足りないようであった。

上記の作業のあいだTっつあんは ふといなくなり
戻ってきた手には ポン菓子や
かき氷を持っていて すすめてくれるのだった。
かき氷にはストローが添えられており
これでは非常に食べにくいよTっつあん・・・
父がどうにかして食べていた・・・

さてこの荒い粉がもったいないな。
つづく


暑いので 坊やの頭を
おかっぱから くりくり坊主にする。
2013.07.17 Wednesday * 11:09 * 小麦の実験 * comments(0)
1/1PAGES