PROFILE
CATEGORY
ENTRY
ARCHIVE
RECENT COMMENT
LINK
OTHERS
ブログパーツUL5
旧ブログ
工房設立から
2010年までのブログはこちら
MOBILE
qrcode
ZIG木工所の気になる日々
迷い
たまに、上海というパズルゲームをやります。
同じ柄の牌を消していく、ソリティア系のゲームです。
4歳になったテンテンもやります。

私は 長いこと考えて考えて、これかな、って感じで消しますが
テンテンは見つけるやいなや パパパーっと消していきます。
まさか天才かしらん!?と思いましたが、特に考えず消しているようです。

あまりにパパパと消していくので
「テンテンは迷いがないなあ」と話しかけると、
「母ちゃんは 迷いがあるなあ」と返ってきました。

なんか深く刺さりました。
迷いが・・・あるな!確かにな!
2016.10.03 Monday * 19:22 * 日常 * comments(0)
ごみ屋敷について思う
身内に 汚部屋住民がいます。
家中にモノを溜め込んで溜め込んで
あまりにもジャマなので家族が
どけたり片付けたりすると
「どこへやった!!」と
キレてくる。
毎日アレがないコレがない、
家族に探させ 見つかってもありがとうもない。
溜め込んだモノ、仕事道具は雨晒し。
ゴミと化しているので捨てると
アレはいるやつだったとまたキレる。
私の道具も勝手に持っていき返さず
やっぱり雨晒し。


今日もまた荷物をドサドサ増やしていたので、もう見かねて、
「これ以上増やさんといてよ!!」
と言ったら
「はーい」 と。

いつもそう。
ハイハイ。と言って何もしない。
全く何もしない。

今日はその「はーい」に ゾッとした。
まるで洞のようだった。
もう伝わることはないのだ
というのを 心から実感した。

話が通じないし
皆 極力関わらないように暮らしている。
話しかけても こっちがイライラするだけ。

よくテレビでやってるゴミ屋敷。
住民はゴミで入れなくなった家の外で
ゴミの中で寝てる。
1人で暮らしている。
家族には見捨てられたのだ。話が通じないから。うちの未来を見ているよう。

外ヅラは異様にいいので
周りには 分かってもらえないであろう。

残念すぎる人。







2016.06.09 Thursday * 19:05 * 日常 * comments(0)
イモ虫愛でる王子
夫が 薪の間にいるイモ虫(たぶんカミキリムシの)を持ってくる。
最初は キャァーー!と嫌がっていた
テンテンだったが、段々慣れてきて
「かわいい」と言うようになり
持ち歩くようになり(直に持つ)
近くに置いて眠る時もあったのだった。

彼いわく
「お父さんイモ虫」と
「子供のイモ虫」らしい。

某園芸店のキャラ、
「お父さんヒヨコ」と「お母さんヒヨコ」
と同じ違和感・・・
2016.04.27 Wednesday * 12:31 * 日常 * comments(0)
テンテンの毎日
長男テンテンに
「大好きよテンテン、
テンテンは母ちゃんの宝物」

といつも言っているのですが
昨夜寝る前 テンテンは言った。

「ありがとう」

涙ブワワ〜とでた。
こっちだよ!
こっちがありがとうだよ。
よく聞くけど
生まれてきてくれてありがとう
って本当思うんだねえ。

少し前 保育園で
大人になったら何になりたい?
という質問に
「木を植える人になりたい」
と答えたといい、
なななんて殊勝な子なんだ!
と思ったのだが
最近のなりたいものは
ケーズデンキらしい。
なんで?!と先生が聞くと
「新製品が安い」
と答えたという・・・





2016.02.20 Saturday * 08:59 * 日常 * comments(2)
ヤギのサクラが死んだーーー
以前のイベントで、
「ヤギと触れ合える木工所」という
うたい文句でおなじみの
ヤギのサクラ。

先日 死んでしまいました・・・

私はその前日、
虫の息で横たわるサクラを見たのが最後でした。
サクラ、と呼ぶと
声は出ないけど口を動かしました。
死因はよくわかりません。

もらってきたが でかすぎて
小屋に入らなかったサクラ。

山で木に絡まって
甲高い声で「メーーー!!」と
鳴いていたサクラ。

脱走して私が闘って捕まえて
対峙してツノを掴んだが
一歩も動けなくなり
「誰かーー!!」と叫んだなぁ。

ヤギの天国があるといいな。
そこで好きな草を食べて
仲間といればいいな。

2016.02.05 Friday * 20:58 * 日常 * comments(1)
テンテンとこいのぼり
こいのぼりが大好きなテンテン(もうすぐ3歳です)。
7月の今も、
「今日はこいのぼり上がってないなぁ」と言ってます。
七夕のたんざくも 何書く?と聞けば
「こいのぼり!」

小型鯉のぼりを買ってもらい、5月中は
ベランダに揚げてあったのですが
テンテンは朝「こいのぼり揚げる!」と言って起き
帰りの道中では「今日はテンテンのこいのぼり あるかなあ
あ!!あるわ!泳いどる!クルクルまわっとるわ!」
とご満悦。
保育園のこいのぼりも
「今日は揚げやんの?」「はやく揚げて!」「もう片づけるん!?」
「片づけやんといて!!」等 注文が多かったようです。

犬の散歩に行くときも 小さい鯉のぼりを掲げながら歩きます(今も)。
しかし途中で興味が移って「母ちゃん持って」となり
私はチャーミーをおぶって犬を引きこいのぼりを持つという
つらい犬の散歩になります。

保育園でお誕生会があって 今月誕生日のテンテンは
よくインタビューの練習をしています。
こっちにもインタビューしてきます。
名前は何ですか 何歳ですか
好きなアイスは何ですか(←これを本番で聞かれるらしい)
私が答えると「違う!」となぜか否定されるのですが。
そしてついにこの質問をされました。
「好きなこいのぼりは何ですか」
ええ〜〜っ・・・何だろう・・・
2015.07.11 Saturday * 07:27 * 日常 * comments(2)
イヤイヤ期の坊や
あけまして おめでとうございます
今年もぼちぼちいきます。

次男出産記も書きたいですが 時間がない!
自由な時間がまるでない。

さて下の子が生まれて 
上の坊やは赤ちゃん返りよりもイヤイヤ期。
朝起きて「ヨーグルト食べる?」と出しておく。
食べない。遊んでいる。「食べやんの?」「うん」
「じゃあ 片づけるでなー」と持ち上げると
だべるーーうわぁ〜〜ん とひっくり返って泣く。

出かける時も 「さあいくよ」
いや〜〜いがん〜〜 ひっくり返って泣く。
「んじゃお留守番な。母ちゃん行くわ」
いや〜〜いぐ〜〜うわぁ〜ん
車から降りるときも同様。
とにかく事あるごとに
ひっくり返って泣いていた。
今は多少落ち着いたか。

次男を抱っこして 長男とお散歩。
ジュースの自販機前から動かない坊や。
「母ちゃんお金ないよ 買わんよ」

家まで戻ってきて 近所のおじさんが坊やに
「散歩か どこまで行ってきたんやな」と聞くと
坊や「・・・お金ないの」
そこかーー!

マトリョーシカ

 
2015.01.06 Tuesday * 21:02 * 日常 * comments(3)
続・分娩台のむこうに その2
分娩台の上で しばし痛みに耐える。が、
待てど暮らせど 痛みの間隔が狭まらない。
ずーっと5分おき。そのまま2時間半が経過する。
もしやこのまま また帰宅か・・・と思っていると
いきなり 痛みの中にグググっと赤ちゃんが下りてくる
感覚があった!
「いま・・・進んだ気がします・・・」と助産士さんに診てもらうと、
「ほぼ全開だわ!!先生とご主人呼んで!!」
ばたばたと準備がはじまった。

羊水が流れる感覚がした。
入って5分で夫が「ちょっと気分悪いわ・・・」と退室。
戻ってきたら顔面蒼白 冷たい手をしていた。

いよいよ いきみOKの指示がでる。
よし あとちょっとや あとちょっと!
前回はさっさと切ってもらい
ちょっといきんだらズルンと出たので もう終わった気でいたが
今回は切ってもらえないようだ。
痛いーー!!まだかーー!!まだ出んかーー!!
先生の「子宮口 全開!」というのが聞こえる。
わぁ〜ATフィールド全開!みたいだ〜と ふと思う。
そしてまた痛いーー ふぬーーふぬーー
頭が出たよ!夫が言った。

へその緒が首に巻いていたようで
先生が何とかして やっと出た!!
しばらくしてから・・・・・「おぎゃ〜」
今回は後産もスムーズで 押されることもなかった。

陣痛が始まってから6時間。
一般的に安産というのだろうが・・・
安産の定義が間違っとるわ!じゅーーぶん苦しいわ!

事情があり ひとりで自宅で出産、というニュースが
たまにあるが
いや〜それすごいことやで・・・と 思う・・・

続く。

 
2014.11.18 Tuesday * 15:41 * 日常 * comments(3)
続・分娩台のむこうに
先月、10月9日 次男を出産しました。

その前日の 深夜2時。
お腹が にやにや痛い。。。
間隔をはかると 10分おき。
「経産婦はお産が進むのが早いので
痛くなったらとにかくすぐ来るように」と
言われていたので 夫を起こし子供も車に乗せ病院へ。
そして内診。
痛い痛い痛い!内診が痛い!!
先生「・・・・子宮口 ぜんぜん開いてないわ」
そのうち痛みも治まり気味になり
とりあえず朝まで様子見。夫と子は帰る。
そして朝ごはんが出た。
お金・・・これ入院費と朝食代が・・・
まっいっか。がっつり朝食 ぺろっと食べ
出産が進まないようなので 姉に迎えに来てもらい帰る。

しかしその日は 時々「うぐぐ・・・」という痛みがあり
動けず。
無理して坊やの散歩に行ったが
走る坊や・・・痛くなりうずくまる私・・・待ってくれぇ・・・
近所の人に心配される。

その夜 またも10分おきにお腹が痛くなる。
昨日より痛い!これはあの痛みが来た!嫌だ〜
夫を起こしまた病院へ。
「子宮口5センチ!このまま産まれそうね」
そのまま分娩台で準備が進む。

つづく。  
 
2014.11.08 Saturday * 11:04 * 日常 * comments(0)
小学校の運動会へ
先日 地元小学校の運動会に行ってきました。

まずは 姪っ子の騎馬戦の脚用助っ人に参加(夫が)。
子供一人につき 大人が3人必要な少子化時代の競技。
一人大人が足りず 手伝ってくれる人を探して
来てくださったのは 一見怖そうな
サングラスと派手シャツのお父さん。
これだけでかなり攻撃力が上がった感じ。

我々はいったん帰宅してまた昼に来る。
(弁当をむさぼりに)

姪っ子 甥っ子ががんばっていると
すごく泣けてしまうのです。
しまいには 知らん子でも泣けてしまう。
運動会で泣いてる大人がいるなんて
子供の頃は思いもしなかったなぁ。


つなひき等 たまに現れる着ぐるみたち。
頭が重いのか,
常にうつむき加減でスローな動きの みそ汁さん。
暗い。





 
2014.09.21 Sunday * 07:47 * 日常 * comments(1)
<< 2/9PAGES >>